この年代になると、身体のどこかが変調をきたす。

歯痛が治ったと思ったら、胃腸の調子が悪い。

胃腸の調子が良くなったら、腰が重い。

腰がよくなったら、背中・肩がパンパンに張ってくる。

1年365日の内、身体がすこぶる好調で、何をしてもうまくいく日など、数えるほどしかない。

考えようによったら、それが生きている証拠かもしれない。

まあ66年間も、大したメンテもせず身体を酷使してきたのだから、当然である。

過日、山登りのせいなのか、不細工な偏平足の足なのに先の細い靴を履いているせいなのか、

足の甲が痛み、1ヶ月ほど続いた。

町医者へ診療時間15分前に行くが、もう患者さんが十数名待っている。

1時間30分ほど待つが、私の名前は呼ばれない。

最初はイライラし、仕事のアポイント時間に間に合わなくなり、お詫びの電話をする。

しかし、私より10歳くらい年上の患者さんがほとんどで、せきも慌てもせずにおだやかに気長に待っておられる。

少しふらついて、歩かれる姿を見ると気の毒になり、足の甲が少し痛いくらいで、病院へ来ている

自分自身が申し訳なく思ってくる。

やっと「米田さん!」と看護師さんから声がかかる。

先生による問診が3分、足の甲レントゲン5分、100分近い待ち時間のあと、診療の8分はあっという間に終わる。

別に治療らしい治療は無く、痛み止めの薬をもらう。

先生の「心配せんでもいいですよ!」というひと言で、少し痛みが退いて来たような感じがする。

不思議なものである。

早く痛みが退いたらどんなにいいのにと思っていたが、数日後うそのように痛みが引くと、そんな痛みも忘れ

健康に対する感謝の気持もなくなっている。

人間とは実にいい加減なものであるなあとつくづく思う。

 

 

 

お風呂倶楽部の運営会社 株式会社ヤマユウ
お風呂倶楽部の運営会社 株式会社ヤマユウ

人とのつながりを大切にしています。
そしてこれは社員一同日々心掛けていることでもあります。

というのも私達とお客様、立場に違いはあれど、一生懸命気持ちを持って接していれば、気持ちは伝わると信じています。
これは仕事じゃなくても、すべてのことにあてはまると思います。

私たちは、これから出逢うすべてのひとを大切にします。

山本 優一