おっちゃんのひとりごと

おっちゃんのひとりごと

1 22 23 24

毎日 自宅からバスで通勤しています。

いつもの時間にいつもの顔なじみの人が乗車されている。

いつも乗車されている方を見掛けないと妙に気になる・・・と思っていると

「すんません!」 と息をきらしながらいつもの50過ぎのおばちゃんが

「あぁ間におうて良かった!」 と乗車された。


早速知り合いの方なのか隣の方と色々しゃべっておられる。

大きな声なので、聞き耳を立てなくともよく聞こえる。


「奥さん!近くにリフォーム屋さんなくなってえらい不便やわ。どこかええとこない?」


なになに、リフォーム屋!

さあ私の出番、どのタイミングで名刺を出そうかと考える。


「奥さん!和泉市の箕形にええリフォーム屋おまっせ」と早く言いたくてしかたがない。

そうこうしているうちに終点。


隣の人に 「奥さん そやけどあのカバンもう古いさかいな、修理するほどでもないかな。」


えっ!なんや!かばんのリフォームかいな・・・

名刺を握りしめ 「あぁ名刺出さんでよかった・・・」


またこんな話をすると、家内と娘にいつものようにそそっかしいと

ぼろかすに言われるところ。


ほんまに今日も恥かかずに済んでよかった。

1 22 23 24
お風呂倶楽部の運営会社 株式会社ヤマユウ
お風呂倶楽部の運営会社 株式会社ヤマユウ

人とのつながりを大切にしています。
そしてこれは社員一同日々心掛けていることでもあります。

というのも私達とお客様、立場に違いはあれど、一生懸命気持ちを持って接していれば、気持ちは伝わると信じています。
これは仕事じゃなくても、すべてのことにあてはまると思います。

私たちは、これから出逢うすべてのひとを大切にします。

山本 優一